塾講師の仕事を理解しよう


塾講師の仕事を理解しよう

1日の流れ

塾講師が生徒に指導するのは学校が終わってからの時間が多いので、塾の授業が開始されるのが夕方からになることが多いです。授業が始まる前に出社して、自分が担当する予定を確認します。個別指導塾の講師の場合は、自分が担当する生徒の確認をします。自分が所属する塾のタイプによって考え方や準備の仕方が異なります。

授業が始まる前に保護者と面談をすることもあります。保護者は、自分の子供の成績を上げてほしいという思いで塾に通わせています。また、受験をする生徒は合格したいと思っていますし、保護者も子供が志望校に合格してほしいという思いを持っています。生徒だけでなく保護者とも向き合いながら、どのように生徒の成績を上げてあげるかの意見を聞くようにしましょう。

授業が始まる前には、生徒が使う資料などを準備します。その日の授業で使うテキストなどを事前に準備をするのも塾講師の仕事です。そして担当する生徒が揃ったら授業開始です。自分が受け持つクラスで授業を受ける生徒がどのようなタイプか、そしてどのくらいの学習意欲があるかを把握しながら授業を展開していきます。授業が終わってからも内容を理解していない生徒に対して補習なども行います。