塾講師の仕事を理解しよう


塾講師の仕事を理解しよう

集団塾と個別塾

塾には大きく分けて集団指導の塾と個別指導の塾に分けられます。それぞれの塾によって講師の仕事内容も異なってきます。集団指導の塾は、一度に多くの生徒に教えなければいけません。広い視野で生徒が学習内容を理解しているかチェックしなければいけません。生徒も勉強についてこられるようにサポートしてあげるのも、集団学習塾の講師の仕事になります。

個別指導塾の場合は1対1、少人数でより具体的にじっくりと個々の生徒と向き合いながら勉強を教えていきます。生徒が分かるまで教えてあげることが魅力だからこそ、個別指導塾に子供を通わせる保護者も多いです。だからこそ分かりやすく勉強を教えてあげることも必要ですが、対等に向き合ってお互いが信頼しあう気持ちも必要になります。

集団学習塾は、広い視野で多くの生徒を指導する必要があります。一方で個別指導塾は、少人数の生徒をじっくりと指導する必要があります。自分が塾講師として働きたいと思ったら、どちらのタイプの塾で働きたいかを事前に考えておきましょう。そうすることでやりがいを感じて、生徒と向き合って自分が思っている通りに勉強を教えてあげることができます。成績向上に貢献し、サポートをしてあげることができる塾講師になれるでしょう。